作家であり、金融評論家、社会評論家と多彩な顔を持つ橘玲氏が自身の集大成ともいえる書籍『幸福の「資本」論』を発刊。よく語られるものの、実は非常にあいまいな概念だった「幸福な人生」について、“3つの資本”をキーとして定義づけ、「今の日本でいかに幸福に生きていくか?」を追求していく連載。今回は「日本の国家破産への備え」について考える。

日本の将来は「悲観シナリオ」か「破滅シナリオ」

「1000兆円を超える天文学的な借金を抱えた日本国は破綻必至で、ハイパーインフレによって円は紙くずになってしまうのではないか」と心配するひとがいるかもしれません。

 最近では、「日銀の金融緩和ではインフレを起こせなかったのだから、あとは日本政府が『インフレになるまで財政赤字の拡大を放置する』と宣言するしかない」という、アメリカの経済学者クリストファー・シムズの「物価水準の財政理論(FTPL)」が注目を集めています。もしこのような政策が実施されれば財政赤字はとめどもなく膨らみ、「国家破産」が現実味を帯びてくるでしょう。

 この問題については2013年発売の『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』(ダイヤモンド社)で書きましたが(2018年に改訂文庫化『国家破産はこわくない』〈講談社+α文庫、電子版はダイヤモンド社より発売〉)、私の見解はこのときとまったく変わっていません。

 この本では日本の未来を、(1)楽観シナリオ(アベノミクスで日本経済は大復活する)、(2)悲観シナリオ(現在と同じデフレ不況がこれからも続く)、(3)破滅シナリオ(財政が破綻して経済的な大混乱が起こる)の3つのケースで検討しましたが、4年に及ぶ日銀の金融緩和政策でも物価は一向に上昇せず、アベノミクスに好景気を呼び込むちからがないことがはっきりしました。そうなると残っているのは「悲観シナリオ」と「破滅シナリオ」だけなので、より話がシンプルになったともいえます。

 詳しいことは同書を読んでいただきたいのですが、結論だけいえば、「低金利=マイナス金利では運用で大きな利益を出すのは困難なのだから、金融資産は普通預金とドルやユーロなどの外貨預金に分散しておけばいい」ということになります。