そのフォーマットに沿って話すので、いつも論理の展開の仕方は同じ。

 もちろん話の中身は、テーマに合わせて変えていきます。論理の展開に合わせて流す情報量には自信がありますから、このフォーマットに身をゆだねることで、よどみなく話すことができるのです。突然話をふられても、0.1秒後には、まるで10年前から考えていたかのように話し始めています。

 大事なのは「論理的に話すフォーマット」と「必要な情報量」の2つです。

決めゼリフを頭に入れておくと
論理的に話しやすい

本コラム著者・安田正氏の新刊が発売中

 情報量を増やすには、経験と勉強が必要です。でも、「論理的に話すフォーマット」は、誰でも今すぐ持つことができます。

「興味深い話だったけど……結局何が言いたかったんだ?」

 雑談であれば「楽しかった」で終わってもいいですが、ビジネスにおいては、興味を引いただけで中身のない話は避けたいものです。

 私の場合、講演会やセミナーで人前で話す経験を数限りなくこなしていますから、テーマを決め、ポイントを絞った話は、意識しなくてもできます。

 しかし一般のビジネスパーソンが会議やプレゼンで発表するときは、やはり事前に思考を整理し、話す内容をある程度作り込んでおかなければなりません。

 話すときのポイントとしては、以下のような決めゼリフを頭に入れておくと話しやすいでしょう。