株式投資を始めるなら、決して中途半端な気持ちで始めてはダメ。必ず勝ち残るという強い覚悟を持ってのぞもう。「成長スピード」こそが、株で勝つための分かれ道--。PR会社を経営しながら、株式投資で資産2億円を達成した上岡正明氏は、最新刊『神速株投資術』(ダイヤモンド社)の中で、株で勝ち組になるためのポイントをそのように語っています。本連載では、同書の内容をもとに、株で勝ち続ける人が持っている「考え方」「見方」「やり方」の3つの型について紹介します。

 あなたに一番伝えたいこと

 あなたはすでに株式投資を始めていますか? それとも、これからやってみたいと考えているのでしょうか?

 もし、あなたがすでに株式投資を始めていて、それで思うような成果が出ていないとします。もしくは、成果は出ているものの、相場が不安定になるたびに、それまでこつこつ貯めてきた利益を吐き出しているとします。

 だとしたら、当然、これまでの行動を変えなければなりません。

 思うようにうまくいっていないのであれば、それはすべて、株式相場のせいではありません。自分の「実力」が足りないのです。

 その場合、自分の行動の積み重ねが、明らかに間違っていたことに気づかなければなりません。今と違う行動でしか、今の問題は解決されないのです。

 私はこの連載の読者には、正直に自分の考えを述べたいと考えています。そのため、あえて遠慮はしません。

 そもそも、あなたの大切なお金を使って株式投資をするわけです。そこに、優しさは必要でしょうか。もし、私が逆の立場ならこう考えます。

 「余計な優しさはいらない。そのかわり、本当に株式投資で勝つ方法を教えてほしい」

 さらに、「自分に足りないところを指摘して、どうすれば良いかを示してほしい」とも。

 これは、なにも私に限ったことではありません。

 大切なお金を失う恐怖に比べれば、誰でも、正しいやり方を、きちんと学ぶことを優先するはずです。

 とくに、株式投資で1億円以上の資産を築きたい人、あるいは投資がうまくいかずに資金を失っている最中の人なら、なおのことです。

 今起こっている問題は、これまでのあなたの「考え方」を続けてきた結果でしかありません。それ以上に、相場に対する「見方」が間違っていたのかもしれません。

  あるいは、売買などの「やり方」が未熟だったのかもしれません。株式投資は、実力があるものだけが勝ち残れる、誰でも参加できるトーナメントなのです。

一流の成功者は、一流の考え方をしている

 もし、あなたが株式投資によって、よりよい未来を築き、将来の不安を明るいものに変えたいのであれば、より成功に近づく「選択」をすることでしか問題は解決されません。

 そう、シンプルに考えることが大切です。

 私は株式投資家であると同時に、会社も経営しています。そうしたなかで、数多くの日本を代表する経営者にお会いしてきました。そうして、気づいたことが1つだけあります。

 それは、一流の成功者は、一流の考え方をしているということです。

 株式投資も同じです。最初は面白いように勝ち続けるかもしれません。とくに景気が右肩上がりで、相場が過熱しているときはそうでしょう。

 しかし、その先も成功し続けて、株式投資で大きな財産を築く人は、きちんと大切なときに、必要なことを手に入れた人だということを忘れてはいけません。

  これから先、さらに勝ち続けるには、正しい方向での努力が必要なのです。だからといって、成功者の言葉や使っている道具だけを真似しても、意味がありません。難しい専門用語やテクニックだけを必死に覚えても、株式投資では勝てるようにはなりません。

 では、どうすればいいのか? より良い成果をだすためには、まずあなたの「考え方」「見方」「やり方」を変えることです。スポーツでもトランプでも、勝つための方法を知らなければ、ゲームに勝つことはできません。

 同じように、どのような状況でも勝ち続けるためには、正しい相場の「考え方」と、戦略の「見方」を身につけて、「やり方」、つまりは株式投資の技術を高めていく必要があります。

 最新刊『神速株投資術』では、そのために必要なことを、すべて一冊にまとめました。