アメリカ・マサチューセッツ州のライトロック農場
農作業に従事する鷹之介君=アメリカ・マサチューセッツ州のライトロック農場 写真:八戸やえさん提供

 いくつかの農場のクラスを体験したのですが、ライトロック農場の農場体験コースが一番気に入って続けることにしました。子ども向けにありがちな、指導されるばかりの内容ではなかったんです。鷹之介も「やってみたい」と乗り気で、2014年春から参加しました。

 その年の夏から、鷹之介の農場体験コースとは別に、家族全員で農場の鶏を世話するボランティアグループにも参加するようになりました。年間通して世話をするのですが、農場のスタッフの大半が不在になる冬の間、動物たちの世話はボランティアが担うんです。私たちも、ヒヨコを自宅に引き取って大きくなるまで育てたこともありましたし、ほかにもお役に立つなら何でもやりたいと、どんどん手を上げていきました。

アメリカ・マサチューセッツ州のライトロック農場
農場のスタッフと子ヤギを抱く鷹之介君(左)=アメリカ・マサチューセッツ州のライトロック農場 写真:八戸やえさん提供