代表選不出馬に終わった
野田氏の今後は?

 結局、こうした報道の影響もあり、野田氏の待望論は急速にしぼみ、代表選の出馬見送りに追い込まれていった。では、野田氏に今後、再起の芽はあるのだろうか。

「今回の報道の影響もあり、総裁選後の内閣改造で野田氏が総務大臣を退任する可能性は高い。当面は表立って活躍するのは難しいでしょう。ですが、野田氏の政治生命が終わるかといえば、そんなことはない。女性首相候補として注目を集める可能性のある議員が、自民党にはまだまだ少ないということもあり、今後、野田氏が再起を果たすチャンスは十分にあると思われます」

 たしかに、度重なる失言で防衛大臣を辞任した稲田朋美氏や、自身の政治資金問題で経済産業大臣を辞任した小渕優子氏など、他の女性議員の評判も芳しいものとは言えないのが実情。消極的な要因とはいえ、結果的に野田氏がまた注目を浴びる可能性は大いにあるのだろう。

「野田氏自身も、かつては郵政民営化に反対して自民党離党に追い込まれるなど、さまざまな逆境をはね返して総裁候補に名前があがるまでになった人物。ほかの女性議員に比べれば、相当肝が据わっているところがあるので、まだ諦めるわけではないでしょう」