平成前

100型と802型1985年(昭和60年)に「ショルダーホン(100型)」が発売され、1987年に日本初の携帯電話(802型)が発売された。社名はまだドコモではなくNTTとなっている(写真左が100型、右はTZ-802型)
拡大画像表示

平成3年(1991年)

ムーバシリーズ4月に「超小型携帯電話ムーバ」シリーズが発売。一般ユーザーへの普及が始まった(左からムーバN、ムーバD、ムーバP、ムーバF) 拡大画像表示

平成5年(1993年)

3月に「デジタル・ムーバ」シリーズが登場。留守番電話サービスが始まる(左からデジタル・ムーバN、デジタル・ムーバF、デジタル・ムーバP、ムーバR) 拡大画像表示