中国の空港のラウンジでは、ビュッフェの料理が少なくなるとすぐに補充されていた
中国の空港のラウンジでは、ビュッフェの料理が少なくなるとすぐに補充されていた(写真はイメージ) Photo:PIXTA

優先的に日本の航空会社を
選ぶことに対して迷いが生じる

 日中関係が回復基調になっている。おかげで、近頃、中国出張の回数が大幅に増えた。月に少なくとも1回は中国へ飛ぶ。多いときは、月に3回も中国出張の日程が組まれる。以前、このコラムでも書いたように、「家の玄関に出張用のスーツケースが常時置いてあるのが、すっかりわが家の風景になっている」のだ。

 中国のSNSにも、「出張途中から見た中国」というテーマを設けて、もっぱら私の出張絡みの感想を書き込むようになった。その書き込みにも、「日中経済交流はハードからソフトへ」ということを強調したものが増えてきた。

 例えば、海外に行く場合に乗る飛行機については、以前、このコラムでも書いたように、これまでは、日本航空か全日空のどちらかを選んでいた。そして2社のエアチケットが取れなかった場合に限って、キャセイパシフィック航空、中国国際航空、深セン航空などを考えていた。それでも取れなかった場合、初めてその他の航空会社の便を視野に入れていた。

 しかし、最近、こうした選択に迷いを覚え始めた。というのも、ある体験をしたからだ。