サウジアラビア政府は20日、同国の記者ジャマル・カショギ氏が行方不明になっていた問題で、同氏がトルコのサウジ総領事館内で死亡したことを初めて認めた。「言い争いと殴り合い」の後に死亡したという。  サウジの国営テレビが放送した同国司法長官の声明によると、カショギ氏の死亡をめぐる捜査の最終結果はまだ出ていないが、18人のサウジアラビア人が拘束された。カショギ氏は著名ジャーナリストで同国政府に批判的だった。