サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は24日、反体制派記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件は「忌まわしい出来事」だとして、トルコ当局に協力する考えを表明した。  カショギ氏について、ムハンマド皇太子が公の場で発言するのはこれが初めて。カショギ氏の暗殺疑惑を巡り、国際社会から激しい批判を浴びる中、皇太子はサウジ政府として、犯人を裁く考えを示した。  皇太子は、事件は「非常に痛ましい」としたうえで、「忌まわしい出来事で、正当化されるものではない」と語った。