サウジのムハンマド皇太子は野心的な社会改革を推進する一方、反対意見を封じていた。反体制派の取り締まり責任者は皇太子の側近中の側近だった。