ソフトバンクの孫正義会長兼社長は、自身が主導する「ビジョン・ファンド」の4-9月期決算により、批判的な向きも黙るだろうと考えている。