ビル&メリンダ・ゲイツ財団は下水道を使わないトイレで衛生システムを根本から変えようとしている。現在、複数の試作品が試験段階に入っている。