「IoT」の次の波である「人体のインターネット(IoB)」。疑問の1つは、人体から引き出したデータを使用できるのは誰なのかという点だ。