今の税制では所得申告の手間がかかり同じ仕事をしても税負担が重くなることが多い
写真はイメージです Photo:PIXTA

 日本の税制では、フリーランサーになると給与所得控除を使えなくなるので、同じ仕事をしていても税負担が重くなることが多い。しかも、費用を積算する面倒な作業が必要だ。

 フリーランサーとしての働き方を促進するには、税制を改正し、「フリーランサー控除」のような仕組みを作る必要がある。

フリーランサーになれば、
税務申告する必要がある

 フリーランサーになったときにまず頭が痛いのは、税務申告をしなければならないことだ。

 サラリーマンを続けている限り、税務申告の作業に悩まされることは、ほとんどない。多くの場合に、源泉徴収と給与所得控除と年末調整で、ほぼ自動的に税務処理が終了し、格別の作業をする必要がないからだ。

 ところが、フリーランサーになって給与所得ではない形で所得を得るようになれば、税務申告をする必要がある。