Photo by Kosuke Oneda

週刊ダイヤモンド2018年12月1日号は「相続・増税・暴落に克つ 一生モノの住み処選び」です。新築物件の高騰と供給減によって今やマンション市場の主役は中古マンションだ。その中古マンションを選ぶ際、予算や立地、築年数といった基準だけで判断すると、“ババ”を引きかねない。そこで、株式会社マンションマーケットのデータを基に作成した「一生モノ 中古マンションランキング」のうち、東京都のマンションにおけるランキング完全版を一挙公開する。

 今や、新築物件の高騰と供給減により、マンション市場は、中古が主役の座にある。

「購入エリアが決まっているのなら、今は新築よりも中古を選んだ方がよい。物件の選択肢が豊富で好立地なものが多い」と不動産コンサルタントでスタイルアクト代表取締役の沖有人氏は言う。

 難しいのは、星の数ほどある物件から、いかに後悔しない一生モノを見つけるかだ。マンション選びのこつは、新築、中古を問わず、「資産価値」と「居住価値」という二つの価値の見極めだとされる。資産価値が高い物件とは、物件価格が将来にわたって、値上がりもしくは価格維持が期待されるリセールバリューの高い物件のことだ。その見分け方は比較的簡単で、中古価格が新築時や過去のある時点からどれだけ上昇したか、その変化率で判別できる。

 片や居住価値は、購入者の「住み心地のよさ」も重要なポイントとなる。耐震性や管理体制なら、築年数や「重要調査報告書」から調べられるが、難しいのはそのマンションに住む満足度を知るすべ。その目安となるのが、中古市場への出物の数だ。つまり、そのマンションの総戸数と売り出し物件数から求められる流通率である。もし、あなたが実需目的でマンションを購入して住んでいると仮定して、その住環境に満足しているならば、多少の値上がりではおいそれと売らないはずだ。

 本誌では、1都3県と京阪神の2300物件を対象に、主な指標で独自に中古マンションをランキングし、エリアごとにその上位を合計460物件掲載した。

「マンションマーケット」のサイト。マップ上 で詳細な立地や価格が手に取るように分かる

 ランキング作成に当たり、協力を得た不動産情報サイト「マンションマーケット」では全国のマンション11万棟以上、約350万件の取引データを基に、物件ごとの価格推移や過去の取引事例などをマップで見ることができる。また、階数や専有面積を入力すれば、市場の実勢価格を算出できる。一生モノの中古マンション選びに役立てよう。