今年の年末商戦は好調な滑り出しを切ったもようだが、暫定的なデータによると、米感謝祭の週末は昨年ほど客足が伸びなかったようだ。小売業者が特売開始を前倒しし、消費者も長期にわたって買い物をするようになったことが背景にある。  全米小売業協会(NRF)によると、感謝祭当日の今月22日からサイバーマンデーと呼ばれる26日までの5日間に、約1億6500万人が店頭やオンラインで買い物をした。これは前年同期の1億7400万人を約5%下回る水準だ。