「進撃のノア」。一度聞いたら、なかなか頭から離れない名前だ。実は彼女、23歳にして年収2億円を稼ぐ、大阪・北新地のナンバーワンキャバ嬢なのだ。日々、目の前で「接待の現場」を観察しているノアさんに、ビジネスパーソンの世界にも応用できそうな、成功するための秘訣を伺った。(清談社 藤野ゆり)

23歳で年収2億円!
異色キャバ嬢の生い立ち

進撃のノアさん(23歳)
誰もやっていないことに手を出さないと、ナンバーワンにはなれない。ナンバーワンキャバ嬢の仕事哲学は、ビジネスパーソンの世界にも応用できそうだ

「私は名刺をあてにしない。この業界で誰でもつけるような源氏名では印象に残らない。1回で覚えてもらいたくて、この名前にしました」

 笑顔で話す進撃のノアさん(23歳)は、そのかわいさに反してビジネスライクに自身のことを分析していた。

 裕福な家庭で育ち、学生時代はバレエやピアノ、テニスなどさまざまなことに挑戦したが、なかなか一番になることができずにコンプレックスを感じていたノアさん。ヤンキーとして過ごし、自暴自棄になりかけた中学生時代、憧れたのがキャバクラ嬢だ。「小悪魔ageha」など雑誌の影響を受け、将来はキャバ嬢になることを決意。大阪・北新地でかつてない異例のスピードでナンバーワンキャバ嬢になり、23歳にして夢をかなえた。

 ナンバーワンキャバ嬢といえばあでやかなドレスにゴージャスないでたち、どこか近寄りがたい雰囲気の女性を想像するが、ノアさんの立ち居振る舞いは、いい意味でチャキチャキの大阪娘。お人形のようなルックスでありながら気さくに話しかけてくれる姿勢は、従来のナンバーワンキャバ嬢とは異なる魅力を放っている。

 9月に上梓した著書『好かれる力』(光文社)のなかでも、「みんなと同じことをしているようでは、トップにいけない」と語り、戦略的に自己プロデュースを行う進撃のノアさんに、ビジネスマンにも通じる成功の秘訣を聞いた。