ジョージ・H・W・ブッシュ氏Photo:Reuters

 今となっては信じがたいが、ジョージ・H・W・ブッシュ氏は1988年に「弱虫」だと批判された。当時、ブッシュ氏は8年目の副大統領だった。それ以前には中央情報局(CIA)長官、国連大使、下院議員を務めた経験があり、第2次世界大戦を戦っていた時には空軍パイロットとして太平洋で撃墜されたこともあった。戦後は居心地のいいコネティカット州を離れ、テキサス州で石油業界に入った。ロナルド・レーガンの後を継ぐ大統領選に出馬すると、メディアにたたかれた。

 ブッシュ氏は共和党予備選を制してそれに応じ、本選ではマイケル・デュカキス氏のリベラリズムをあぶりだして勝利を手にした。同じ党から3期連続で大統領が生まれるのは珍しい。愛国者としての義務心と品位によって模範を示した元大統領は、11月30日に94歳で死去した。

 ***

 ブッシュ氏が大統領に就任したのは、レーガン政権の2期を受けて米国が世界中で恩恵を享受していた絶好の時期だった。米国の国内総生産(GDP)は1980年代にドイツ経済の規模ほど増加し、国は自信と軍事力を取り戻していた。ソ連の指導者は冷戦に勝てないとの結論に至り、ミハイル・ゴルバチョフは改革に乗り出した。

 ブッシュ氏の歴史的貢献は、個人外交を使ってワルシャワ条約機構の解散やドイツ再統一、ソ連解体を乗り越えたことだ。米国が冷戦に勝利したことを声高に自慢するのを拒否したこともあってゴルバチョフ氏の信頼を勝ち取った。レーガン氏は大胆さやイデオロギー上の信念で長く薄暗い戦いに勝ったが、ブッシュ氏は慎重な性格と長い経験を一助に、戦火を交えることなく交渉で移行を促した。これほど平和的に崩壊した帝国は歴史上ほとんどない。