自己投資ばかりしていると…
Photo:PIXTA

セミナー講師になりたくて
「自己投資」しまくり

 将来のために、自分自身に惜しみなくお金を使いたい──。自分の夢や、可能性を追い求めるために「自己投資」することは素敵なことです。ただ時折、将来必要となるお金のことなど考えず、自己投資にばかりお金を使いすぎてしまう人を見かけます。

 特に、そこそこの収入があって、生活費などを使ってもお金が多少残るような人に多い傾向が見られます。貯蓄と自分磨きとのバランスを考えてお金を使っていければ問題はないのですが、つい自分磨きが中心となってしまい、結果、貯蓄できないなんて人も少なくありません。

 会社員のIさん(38歳)もそんな1人です。「自分はまだまだこれから」「もっといい仕事をして、もっと稼いで、多くの人の注目を浴びたい」といった夢を抱き続けいました。

 手取り収入は40万円ほど。今の仕事も頑張っていますが、Iさんには夢がありました。得意分野で有名なセミナー講師になり、もっと収入を得たいと思っていたのです。

 そのため、知識を深めたり、講師としての立ち居振る舞いを学ぼうと、毎月残ったお金でさまざまなセミナーを受講していました。その結果、お金は一向に貯まらず、貯蓄はほとんどありませんでした。