「移動時間」=「仕事をする時間」

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

「年収10億円超え」の化粧品メーカーの杉田会長(仮名)は、いつも運転手付きのロールスロイスやマイバッハで移動しています。私は「運転手を雇用するのはムダではないか」と思い、杉田会長に「どうして自分で運転されないのですか」と尋ねたことがあります。

すると、杉田会長は、「車の中は、会社にいるのと同じ」と答えてくださいました。

「車内は仕事場だから、自分で運転をすると仕事ができない。それに、自分で運転をしていると、それだけで『今日も仕事をした!』と勘違いしてしまう」というのです。

このお2人に共通しているのは、「移動時間」=「仕事をする時間」と考えているところです。移動時間を活用できず、寝てしまったり、ボーッと過ごしてしまう人は、成功できません。

移動時間すらもムダにせず、「仕事」につなげていくその姿勢。その「姿勢の差」こそが、「年収1億円」を目指す人にとっては、とてつもなく大きいのです。