アップルは「iPhone(アイフォーン)」販売の見通しが悪化する中、急成長しているサービス事業を明るい材料としてアピールしている。  ティム・クック最高経営責任者(CEO)は先週、業績見通しの下振れを伝える投資家向け書簡で、サービス事業の重要性をあらためて強調。昨年10-12月期のサービス売上高は108億ドル(約1兆1700億円)になるとわざわざ指摘した。5つの事業セグメントの中でアップルが売上高見通しを示したのはサービスだけだ。