減量には食べ物の種類と同じぐらい多くのメソッドがあるが、今はテクノロジーのおかげで自分に合う方法を見つけられる。