例えば、安定した会社に勤めていて、健康で、若いサラリーマンで生涯所得が3億円あるとすると1億5000万円から2億円くらいの現在価値を現在持っていると考えることができるはずだ(割引率は将来の収入のリスクによって個人個人で異なる)。

 するとこの人は、現在持っている金融資産(例えば数百万円)は全て株式並みのリスクリターンの投資対象に投資したとしても、人的資本を含む総資産の単位では、実質的に危ないほどのリスクを取ったことにはならない。

 むしろ可能であるなら、金融資産の全額以上に株式投資のリスクとリターンを目指すことができるなら好都合なはずだ。

 将来の「稼ぐ能力」に余裕があるうちに、手持ちの金融資産の額以上の実質額でリスク資産投資ができると喜ばしいケースが少なくないのではないだろうか。レバレッジが掛けられて、できれば安価に利用できるインデックスファンドには、投資家のニーズが存在するはずだというのが筆者の考えだ。

高レバレッジを低コストで利用できてもいい

 もちろん、長期的に持ち続けることが前提であり、短期の売り買い用ではない。潤沢な人的資本を背景に、株式のリスクを早く大きく取りたい人向けだ。特に、外国株式(先進国株式)、全世界株式などのカテゴリーでレバレッジが掛かっている商品が提供されると魅力的に思える。

 もっとも、つみたてNISAでは、現在レバレッジを使う運用商品は対象外とされている。価格変動が大きく、投資の判断が難しいので、万人向けとは言い難いという判断だろう(もっともな考え方である)。

 しかし、現在わが国では、高いレバレッジを低コストで利用できる手段はもっぱら住宅ローンを使った住宅の購入に限られるが、これと似た投資が金融資産でもできていいのではないだろうか(もちろん、できるだけ低コストで!)。