ブル・ベアファンドの競合関係は

 ビジネスに関する話なので、需要サイドだけではなく、供給サイドも考えてみよう。

 現在も、レバレッジを掛けて指数の上げ下げのリスクを取ることができる投資信託は存在する。いわゆる「ブル・ベア」タイプのファンドだ。

 この種のファンドは、先物・オプションのような決済期日に限りがあったり、市況によっては追い証が発生したりする煩わしさがない形で、気軽にリスクを取ることができるので、特にネット証券にとっては少なからぬ売買手数料が入るありがたい商品カテゴリーになっている。

 仮に、投信運用会社にとってレバレッジ投信の主な販路がネット証券だとすると、ノーロード(販売手数料ゼロ)で信託報酬水準が低い「投資家にとって望ましい商品」を投入しようとすると、既存の商品との競合が問題になる。

 例えば「ブル」(株価が上がる方向)でリスクを取りたい投資家がいるとすると、売買手数料ゼロで投資ができるレバレッジドブルファンドがあると、絶好の投資対象になるので、既存の「ブル・ベア」ファンドのシェアを大いに食うことが予想される。

 既存のビジネスを持つ販売会社、運用会社の双方にとって、ノーロードで安価なレバレッジファンドを投入することは既存のビジネスとの関係で難しい判断となることが予想される。

 この点、例えば、「積み立て投資専用」というカテゴリーで、レバレッジの掛かったブルファンドを投入するなら、トレーディング需要とマーケットを分けることができるので、運用会社や販売会社の事情と経営判断によっては、商品投入が可能なのではないだろうか。

 もちろん、最終的には既存のビジネスのしがらみのないプレーヤー、あるいは既存のビジネスに見切りを付けたプレーヤーが、例えば通称「直販」(投信会社が投資家に商品を直接販売すること)などの販路を使って、トレーディングの対象にもできる安価なレバレッジファンドを商品化するところまで行く可能性があるので、「トレーディング用」と「積立専用」というセグメント分割は永続的ではない過渡的なものかもしれない。

 だが、アクティブファンドはパフォーマンスがさえない上に手数料が高く、インデックスファンドでは運用手数料の引き下げ競争が煮詰まりつつある現在、運用業界にとって、「レバレッジが掛かった、安価なインデックスファンド」は可能性のある商品開発の選択肢ではないだろうか。

 特に、金融業界にお勤めの読者諸氏には、頭の体操の1つのサンプルとして考えてみてほしい。

(経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員 山崎 元)