「もうマンションを買ってもいいかな。でも損はしたくないし、ローンも怖い」。
そんなあなたが買うべきは、「60m²前後」×「駅徒歩7分以内」×「2001年以降完成」のマンションしかありません。

本連載の書き手は、「不動産ひと筋30年! 12000人と面談し、成約件数は6000件以上」という圧倒的なキャリアを持つ後藤一仁氏。不動産仲介会社の“現役”社長です。「不動産を通じて、1人でも多くの人に幸せになってほしい」という願いが込められた『マンションを買うなら60m²にしなさい』の著者でもあります。「損をしない、戦略的なマンション選び」を語ってもらいます。

「無料セミナー」のカラクリ

 買っていい物件かどうかを判断するために、その物件・取引とかかわりのない専門家に依頼して、客観的な評価を知るという方法もあります。

 また、どんなものを買ったらいいのかなど、基本的なところを教わりたいということもあるでしょうが、その場合、「無料」をうたうものには注意してください。

 いくらかのお金を支払い、助言を受ける、あるいは調査してもらうような有料相談なら、相談を受ける側もそのこと自体を1つの仕事として受けており、一定の信頼が置けます。

 しかし無料相談や、無料に近い低額の個別相談、セミナー等は、その主催者の営業目的の可能性が高く、自分たちの扱っている商品に結びつけようとする傾向があります。

 例えば、「はじめてのマンション購入 無料セミナー」というセミナーがあるとします。

 よくあるのが、主催者側がマンションデベロッパーと組んでいるケース。セミナー終了後、そのデベロッパーのマンションを紹介されたという話や、講師とは別の営業担当が参加者にそれぞれつき、「セミナー会場周辺の新築マンションをこれからご案内ができますが、よかったらいかがでしょうか」と勧誘された話をよく聞きます。

 住所・氏名・電話番号やメールアドレスなどの連絡先を記入すると、しつこく営業されるケースも多々あります。