花粉症で薬が効かない理由
今日は調子がいいから薬は飲まなくていいや……と思っている人は要注意です! Photo:PIXTA

花粉症のシーズンに本格的に突入している。東京都の場合、スギ花粉は3月まで、ヒノキ花粉は5月のGWまで飛散するというから、花粉症の人は数ヵ月にわたり、つらい日々が続く。今年は例年よりも飛散量がやや多め、という報告もあり、先が思いやられる。花粉症対策の記事はさまざまな媒体で例年掲載され、実際に対策を行っている人は多いが、それでも花粉症の症状に苦しまされるのはなぜか? 花粉症治療に力を入れる日本医科大学耳鼻咽喉科学教室准教授の後藤穣医師に、この苦しみから確実に開放されるために何をすべきか、話を聞いた。(聞き手/ライター 羽根田真智)

花粉症の薬が効かない人は、
処方と使い方が適切でない可能性大

後藤穣
後藤 穣
日本医科大学耳鼻咽喉科学教室准教授
1991年日本医科大学卒業。日本医科大学千葉北総病院医局長、日本医科大学耳鼻咽喉科学講師などを経て、2008年9月~2010年6月まで日本耳鼻咽喉科学会千葉県地方部会理事を務める。2010年7月より日本医科大学附属病院復帰。2011年日本医科大学耳鼻咽喉科学准教授、2013年日本医科大学多摩永山病院耳鼻咽喉科部長、2014年日本医科大学多摩永山病院教授、2018年8月より現職

――マスクをつけ、室内に花粉を入れないように心掛け、薬も飲んでいる。それなのに花粉症の症状に苦しむのは、どうしてなのでしょうか?

「薬が効かない・効き目が不十分」とおっしゃる患者さんの話をよく聞くと、たいていの方は、薬を適切に処方されていない、あるいは薬を適切に使えていません。両方に当てはまる患者さんもかなりいます。

 昨年4月にも皮膚に貼る新しいタイプのアレルギー性鼻炎治療薬が発売され、薬の選択肢が増えました。上手に薬を使えば、よほどの重症例を除いて、日常生活に支障が出ない程度まで効果を抑えることは可能だと思います。

――「薬を適切に処方されていない」とのことですが、そもそも処方薬でないと花粉症の症状を抑えるのは難しいのでしょうか?

 ごく軽症であれば、市販薬でも症状を抑えられます。抗ヒスタミン薬成分であるエピナスチン塩酸塩は「アレジオン」、フェキソフェナジン塩酸塩は「アレグラ」という商品名で、医療機関で処方されていましたが、医療用から一般用に切り替わりました。つまり、薬局・ドラッグストアでも購入できるようになりました。

 一方、この薬は今でも処方薬としてもあり、成分量もまったく同じです。処方薬なら健康保険が適用されるので値段が安くなりますが、通院時間や病院での待ち時間を考えると、市販薬を利用するのも問題ありません。

 ただし、風邪薬とアレルギー性鼻炎薬の両方の側面を持っている市販薬は、長期的な服用をおすすめしません。眠気などの副作用や長期的に服用することのリスクが指摘されている「第一世代の抗ヒスタミン薬」が含まれており、また、眠気を覚ます目的のカフェインなどさまざまな成分も含まれているからです。長期的服用が、身体に何らかの影響を及ぼすかもしれません。

 ここまでの話は、最初に申し上げた通り、「ごく軽症であれば」という条件付き。問題は、花粉症患者の8割以上は、重症度でいうと中等症以上であるということです。