ソフトバンクPhoto:Reuters

 【東京】ソフトバンクグループは中南米のIT(情報技術)分野の新興企業を対象とする50億ドル(約5600億円)規模の投資ファンドを立ち上げる。この地域へのベンチャーキャピタル(VC)の流入は急増しているが、他社をしのぐ桁外れた規模だ。

 ソフトバンクGは7日、中南米のミドルステージ〜レートステージの新興企業に特化する新ファンド「ソフトバンク・イノベーション・ファンド」に20億ドル拠出することを明らかにした。参加が見込まれる外部の投資家の名称は挙げなかった。大型投資案件では、サウジアラビアなどが出資する10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」と協力する予定だ。

 この新ファンドは、2017年と18年の中南米ベンチャーへの投資総額と同水準という前例のない規模。この地域の市場は5年前に比べて2倍に拡大したものの、世界的にみれば微小だ。ソフトバンクGの関係者は、中南米は競争相手が少なく、バリュエーションも低いと説明する。

 ソフトバンクG傘下の米携帯電話サービス大手スプリントの前最高経営責任者(CEO)で現在はグループ最高執行責任者(COO)のマルセロ・クラウレ氏は、中南米は「ブルーオーシャン(競争のない未開拓市場)」だと、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に語った。

 クラウレ氏が率いる新ファンドの立ち上げは、ソフトバンクGが多種多様な事業の管理を向上させるための組織改革を進める時期に当たる。