「ねんきん定期便」で
自分の年金をチェック

 自分がいくらもらえるのかを知るには、毎年誕生日月に日本年金機構から送られてくる「ねんきん定期便」が便利です。

 35歳・45歳・59歳は封筒で、年金加入記録の確認方法などが書かれたパンフレットが同封され、届きます。それ以外の年は、ハガキです。

「ねんきん定期便」で必ずチェックすべきは、加入期間と年金見込み額です。加入期間は、「国民年金」「厚生年金」など年金の種類ごとに、加入していた期間が記載されています。転職が多い人や結婚を機に扶養に入った人などは、以前の職場の年金記録が抜けていないかどうかを確認しましょう。

 また、50歳以上になると記載内容が少し変わります。それまでは、加入実績に応じた「年金額」が記されていたものが、「老齢年金の見込み額」へと変化しますので、現在の状況で60歳まで加入した場合どのくらい年金がもらえるのか、実際に近い見込み額が分かります。

 日本年金機構のホームページにある「ねんきんネット」では、年金加入記録の照会や年金見込み額の試算、最新の年金記録がいつでも簡単にチェックできるほか、各種届出書の作成などの便利な機能が利用できます。

 利用するには登録(ユーザーID)が必要ですが、ねんきん定期便に記載されているアクセスキー(17桁の数字)と基礎年金番号、メールアドレスがあれば即時に登録できます。一度、ホームページを見てみましょう。