ニューヨーク市では有能な労働者や資金が確保できないとの懸念が後退しつつあり、業界の顧客に近いことも魅力だという。