日産・ルノー・三菱の3社連合Photo:Reuters

 カルロス・ゴーン(65)が逮捕・勾留され、ルノーと日産自動車における経営トップの職を剝奪された後、両社のトップは混乱を収めるためアムステルダムで会談した。

 1月31日、定例の取締役会の後に行われた夕食会は、2人がお互いをよりよく知るための機会となった。会談はなごやかに進んだ。そして、日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)西川広人は、まるで余談のように「爆弾」を投下した。

 会談内容に詳しい人物によれば、西川は次のように語った。日産幹部の一部が、ある目的を持ってゴーンに不利な証拠を集め、日本の当局に提供したと自分は認識している。彼らは日産とルノーの全面的な経営統合をゴーンが推進しているのではないかと恐れ、その可能性をつぶしたいと考えていた。日産内部の反乱者たちは、自分たちの日本企業がフランスの支配下に入ることを恐れた――。

 自動車業界の巨人であり、ルノー・日産連合の総帥として世界を飛び回っていたゴーンに日産がなぜ突然反旗を翻したのか。夕食会での西川の驚くべき告白は、以前からささやかれていた疑いを裏付けるものだった。

 日産の内部調査に詳しい人々や各種資料によれば、経営統合のこれ以上の進展を阻止しようと決意した日産の幹部2人が調査を主導、以前からうわさされていたゴーンの不正行為を調べ、検察当局に提出できる金融犯罪の証拠を見つけたという。2人の考えをよく知る人々によると、主要な動機は日産を守ることだった。それは世界の国々が依然、国を代表する企業を保護している現実を反映しているかのようだった。