ドローンがコーヒーを運ぶ日(もうすぐ)実現 ?Photo:iStock/gettyimages

――筆者のクリストファー・ミムズはWSJハイテク担当コラムニスト

***

 ある日のアイスランド・レイキャビク。風はさほど強くない。ドローンが1機、木々もない風景の中に飛び立った。運んでいる荷物は、誰かの夕食だろう。初めは物珍しかったが、こうした小飛行はわずか2年の間に見慣れた光景となった。

 配達を行っているのは、アイスランドのアハ(Aha)だ。米国の料理宅配サービス企業ドアダッシュや宅配サービスのポストメーツに相当する会社である。アハのドローンは、半径2.5マイル(約4キロ)の範囲内で食品や小さな家庭用品を運搬することができる。中国DJI製のより強力なドローンを導入することで、配達範囲は間もなく半径5マイルに拡大される。アハのようなドローンによる配達サービスは、世界でもまだ一握りしかない。そのうちの一つは、アルファベット傘下のウイングだ。オーストラリアのキャンベラで行われた同社の直近の試験サービスでは、コーヒーや日焼け止め、チョコレートなどを160世帯に配達した。

 ドローンは大都会では成功しないかもしれない。ドロップポイントとなる裏庭があまりに少ないことは言うまでもない。加えて、あまりに多くのコンクリートの谷間があり、どこに歩行者がいるか分からず、トラック運転手も気まぐれだ。このため、ドローン開発者らは、郊外に目を向けている。郊外では他の配達方法は依然、利益が出ないことが多い。ドローンが救いの一手となるかどうかは、半径5マイル圏内にある5、6カ所の裏庭への配達を、住宅、自動車、人、木、電線などにぶつかることなく、1時間で終えられるかどうかにかかっている。

 これらは大きな課題だ。しかし、ドローンの開発技術者や業界専門家らによれば、アハとウイングの実績から見て、ドローンによる配達は成功するという。ここまで来るのは容易ではなかった。そして、ここから先の道のりも、見通し良好とは言えない。