スペースXの偉業の陰に隠れて目立たなかったベゾス氏の宇宙ベンチャー「ブルーオリジン」だが、3年間で劇的に事業を拡大し、官民の打ち上げ契約を狙う。