川崎市小学生殺傷事件で再発防止策が議論されているが、実際のところ、それはどこまで可能なのか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

登校中の小学生らを襲った惨劇に
「傾向と対策」はあるのか

 5月28日の朝、神奈川県川崎市にあるJR登戸駅近くで、51歳の男性が、私立小学校のスクールバス乗り場にいた児童・教員・保護者らを包丁で襲撃した。児童を含む19名が殺傷され、うち女子小学生1名と保護者1名が死亡した。男性も自分の首を刺して死亡した。

 私立小学校は、当日夕刻に記者会見を開催した。朝、その現場に居合わせた教頭が状況を説明し、理事長と校長は「児童や保護者への取材を控えてほしい」と要請した。

 朝、突然の惨劇の場に居合わせた教頭は、被害を最小限に食い止めるべく容疑者に立ち向かい、児童たちの状況を確認しながら110番通報や小学校への連絡を行ったと報道されている。警察の聴取や現場検証への立ち会いなど、その日の間だけでも対応すべきことが多数あったはずだ。そして夕刻、記者会見に出席しているのである。どれほどの負荷であろうか。

 私立小学校側は、「決して起こってほしくはない万が一」としては想定していたであろう「万が一」の発生にあたり、目の前の児童を守るための最善を尽くしながら、そして保護者に対する数多くの責任を果たしながら、長い1日を乗り越え、夕刻の記者会見に臨んだことだろう。教職員たちが、この週末、せめて身体を休められることを願う。

 私はいまだ、衝撃のあまり、言うべき言葉が見当たらない。形式的な哀悼の言葉を書くことはできるけれども、「こんな事件を、どう受け止めればいいのか」というのが正直なところだ。

 ともかく、家族を理不尽にも奪われた方々、私立小学校をはじめとする関係者の方々、そして容疑者の遺族となってしまった方々に、少しでも多くの配慮が向けられることを願いたい。その方々にとって、おそらく最も切実な願いは、事件が起こらなかったことであろう。しかし、その願いは、決して叶わない。

 せめてもの、実現可能性の高そうな願いは、「こんな事件が再発しないように」「エゴ丸出しで申し訳ないが、自分の周辺にだけは起こらないように」であろう。安倍首相も、事件当日に「子供たちの安全をなんとしても守らなければ」と述べ、登下校時の安全確保対策を指示したと報道されている。

 登戸駅がある川崎市多摩区は、事件当日、保育園に散歩禁止を要請した。神奈川県内の自治体では、幼稚園・保育園・小中学校の登下校の安全確保のための取り組みが、早々と強化されている。方法は、集団登下校・見守り・パトロールなどだ。