無計画な30代夫婦
家計を黒字にするために、自分の貯蓄から補填している人は要注意です! Photo:PIXTA

 家計が赤字であるにもかかわらず、それをなかなか認められない人が、意外とたくさんいらっしゃいます。「赤字を認めない」というより、黒字を維持するために「支出を隠している」といったほうが正確かもしれません。

 つまり、客観的には間違いなく赤字にもかかわらず、赤字の要因になるような支出を隠してしまうため、毎月黒字に見えて実際はお金が貯まっていかないのです。

「支出を隠す」とは「今月はこんなイレギュラーな支出があったけれど、自分の貯蓄から賄っているから(支出と認めず)家計は赤字ではない」というような“イレギュラー支出”を家計の収支から外す行動を指します。

 確かに、こうすれば1ヵ月単位で見た数字上の家計の収支は黒字かもしれません。ですが、このままでは貯蓄が思うように増えない理由もわかりにくくなりますし、削減できる支出も見つけ出せなくなります。すると、貯蓄を増やしたいのに増やすための方法を見つけることができず、家計相談にお越しになっても、家計の改善を進めづらくなります。