写真はイメージです Photo:PIXTA

「鼻から尿」「爆発する歯」
医学雑誌に載る驚愕の症例報告

『爆発する歯、鼻から尿―奇妙でぞっとする医療の実話集』書影『爆発する歯、鼻から尿―奇妙でぞっとする医療の実話集』 トマス モリス著 日野栄仁翻訳 柏書房刊 2200円+税

 珍書というべきか奇書というべきか、何しろ驚愕の一冊である。『鼻から尿』??「♪チャラリー鼻から牛乳」の嘉門タツオもびっくりだ。それに『爆発する歯』??そんなことあるはずないやろ!という気がするのだが、いずれもがれっきとした医学雑誌に載っている症例報告なのである。17世紀から19世紀の医学雑誌に紹介されたさまざまな信じがたい論文を集めたのがこの本『爆発する歯、鼻から尿―奇妙でぞっとする医療の実話集』だ。さて、読めばどんな気分になれるだろう。

 第一章『馬鹿馬鹿しいほど不幸な状態』に紹介されている『鼻から排尿する女』は、New England Journal of Medicine and Surgery、いまや世界でいちばん影響力が強い医学雑誌 New England Journal of Medicineの前身にあたる雑誌に1825年に掲載された「paruria eratica(尿放浪障害)」についての症例報告である。