心拍数から映画の好みまで多くのデータをサービスの向上や業務の効率化、収入源に利用しているのは、もはやIT企業だけではない。