デイサービスは、初めて行くときには本人が気乗りしない場合などがあります。認知症の人たちと一緒にされたくない、というプライドが邪魔をしたりするのですが、どこどこの施設は、そんなにボケていない人が多い、などの情報もケアマネージャーが持っています。行ってみたら気に入るかもしれないので、「楽しいかどうか試す」ためにも、ケアマネージャーに相談するといいでしょう。

 また、何かの疾患で病院にかからなければならない、といった場合でも、その地域の「評判のいい先生」については、高齢者医療の場合は、担当のケアマネージャーに聞くのがいちばんの近道だと思います。もし、担当のケアマネージャーとの相性に問題を感じる場合でも、地域包括支援センターに相談すれば担当のケアマネージャーを替えてくれるはずです。

 このように、地域での介護・支援サービス、医療の情報を効率よく手に入れるためには、ケアマネージャーをいかにうまく利用するかによって「介護ライフ」の豊かさが変わってきます。

 いずれにしても、家族や身近な人に「認知症」の疑いがあったり介護の必要性を感じたとき、まずは周りの人たちが正しい理解でどう対応できるかが重要になるでしょう。