トランプ氏は実際は望んでいない対イラン戦争突入の瀬戸際にあったが、国内の支持は限定的だった。このジレンマにより、攻撃を直前に撤回する事態に至った。