国際貿易問題での
注目点は3つ

 商務部の王受文氏は、中国政府の国際貿易問題に関する認識について語った。中国側は、6月に開催されたG20貿易・デジタル経済大臣会合で発表された共同声明を基礎とし、以下の領域で共通の認識に達することを期待している。

 第1に、世界貿易機構(WTO)の組織改革を建設的に進める。中国政府は、WTOが必要な改革を行うことを支持するとともに、サミットにより多国間貿易体制を結集・支持し、一国主義と保護主義に反対する共通の認識に達することに期待している。

 第2に、自由で開放的な貿易・投資の政策・環境を作り上げる。中国政府は、各国企業と投資家のために、自由、公平で差別のない、透明で見通し可能な、安定した貿易・投資環境を作り上げることを願っている。

 第3は、サミットにより、新たな成長エネルギーと発展の道筋を探し、貿易・投資とデジタル経済の融合を促し、新技術と新知識がより多くの国と国民の幸せに役立つようにする。