数あるビジネス書要約サービスの中でもトップを走る「flier(フライヤー)」。ネタバレになって本の売れ行きを邪魔しているのかと思いきや、出版社の販促にも寄与しているという。

「本を読まずして内容を知りたい」
急増するニーズ

ビジネス書の要約サイトが人気です
すきま時間に話題のビジネス書の要約文をスマホでサッと読める。こうして手軽に有益なネタを仕込めることが人気の秘訣である

 日々、厳しい競争にさらされている現代のビジネスパーソンにとって重要なのは、より多くの有益なネタ、ノウハウを自分の頭の中に仕込むこと。そんなインプットに最適な手段の1つが、適切なビジネス書を読むことだ。しかし、ビジネス書を読破するには数時間はかかり、多忙を極める中でその時間を確保できないことも現実だ。

 そうした中、前年の2倍に上る約38万人の会員を集め、ビジネスパーソンから人気を集めているサービスがある。それが、ビジネス書の“要約文”をアプリやサイトで手軽に読むことができる「flier(フライヤー)」だ。

 新刊のビジネス書を中心に、約4000字にまとめて10分程度で読める要約文を、毎日アプリやサイト上にアップデートしている。アーカイブには、2013年のサービス開始以来書かれてきた、新刊、話題のベストセラー、名著のビジネス書など合計約1800冊もの要約文を所蔵。月額500円のシルバー会員は毎月5冊まで閲覧可能で、同2000円のゴールド会員は全ての要約文が読み放題だ。

 だが、他にも似たようなサービスを運営しているサイトは複数ある。それだけ「本を読まずして、内容を知りたい」ニーズは高く、供給側もビジネスチャンスと捉えて、参入と競争が激しくなっているわけだ。