ホルムズ海峡緊張、イランは軍事・外交両にらみか
Photo:Reuters

 中東ホルムズ海峡でイランが米国の制裁措置に対抗する動きを見せ、直接的な軍事衝突のリスクが高まる中、現地を航行する民間船舶が巻き込まれる形となっている。

 イランは19日、ホルムズ海峡で英国籍のタンカーを拿捕(だほ)し、当初は漁船と衝突したため押収したと説明した。だがこの行動は、英領ジブラルタル沖で英軍が、イランのタンカーがシリア向け原油を輸送しているとして拿捕(だほ)したことに対する報復措置との見方が有力だ。

 その前日には、米海軍がペルシャ湾でイランの無人機を撃墜したと明らかにしていた。イラン側は撃墜を否定している。

 今回のタンカー拿捕(だほ)を受け、ジェレミー・ハント英外相は22日午後に対応を発表する予定。一部アナリストは、イランを対象にした資産凍結または制裁強化が最も可能性が高いとしている。

 イラン政府は、戦争ではなく外交的な解決を求めていると主張しているが、交渉の余地を残しつつ軍事的な対抗措置を取ってきた。米ブルッキングス研究所の上級フェロー、スザンヌ・マロニー氏はこうした動きについて、欧米諸国との形勢を逆転させるために外国からの圧力に強硬に対応するという、従来のやり方を維持していると指摘。ペルシャ湾での挑発は原油価格を引き上げ、欧州の外交を活発化させることにつながると述べた。

(The Wall Street Journal/Sune Engel Rasmussen)