ネクタイはしても良いけれど
周りへの気遣いを忘れずに

 やはりクライアントとのミーティングや、人前に出るような機会にはネクタイをしたほうが、自分も周りもそれらしい気持ちになります。装いは思っている以上に周り、そして自分自身の精神に影響を与えるものです。

女性部下に好かれるクールビズは「自分が涼しい服」ではない! ニットタイは夏らしさを感じさせるので、筆者のおすすめです

 しかしながら、必ずしも一日中ネクタイをしている必要はないので、適宜、着脱する習慣を身につけることをおすすめします。

 面倒だと思われるかもしれませんが、スケジュールに余裕を持ち、着脱することを前提とする習慣をつけていると、自分も周りも快適に過ごせる可能性が高いです。

「アンタイド(ネクタイなし)+長袖シャツ+ジャケット着用」という出で立ちは、クライアントとのミーティングなどがない場合はOKラインといえるでしょう。

 急な予定変更や外出に備えて、ネクタイはコーディネートに合うもの持参しておくことをおすすめします。あるいは社内に汎用性の高いものを2~3本、置きネクタイしておくのも良いかもしれません。

 ちなみに、社内でジャケットを脱いでいるのはOKです。シワができたり型崩れしたりしないように、椅子の背などではなく、ハンガーに掛けておくことをおすすめします。