150キロ投手、HR量産型打者も
甲子園のヒーロー候補の選手たち

 注目の投手は、奥川恭伸のほか、霞ヶ浦の鈴木寛人は、185センチの右腕投手。手足の長さを生かした角度のある投球が持ち味だ。

 春のセンバツで準優勝した習志野のエース飯塚脩人も150キロを越える速球が健在。三重大会決勝で最速152キロを記録した津田学園の前祐囲斗投手も楽しみだ。182センチの右腕。センバツでは延長10回まで龍谷大平安を無失点に抑えながら、11回に死球をきっかけに2点を失って敗れた。フォームは一見オーソドックスに見えるが、左足を踏み出したあと、右手が出てくるタイミングが不思議なリズムで遅れる感じがあり、打者としたら打ちにくいのではないだろうか。

 明石商をセンバツでベスト4に押し上げた立役者と言われた2年生投手・中森俊介にも注目だ。4試合で493球を投げ、敗れた準決勝(対東邦戦)でも8回4安打、9奪三振の好投を見せた。

 打者では、八戸学院光星(青森)の遊撃手・武岡龍世(3年)。巨人で活躍する先輩・坂本勇人にちなんで「坂本二世」と呼ばれる。右投左打だから、坂本とは違うが、それだけの守備力と打力だという高評価。すでに広島東洋カープで活躍中の守備力と打力に定評のある「小園海斗二世」と呼ぶべきか。

 チームもこの夏、チーム打率4割2分5厘、ホームラン15本で勝ち上がった。長打力では6本塁打の近藤遼一、5本塁打の原瑞都が注目。甲子園でもホームランを量産できるか。八戸学院光星も優勝候補の一角といってもいいだろう。

 智弁学園の坂下翔馬主将にも注目だ。身長165センチ(もう少し低いともいわれる)と小柄。だが、地方大会で5本塁打と奈良県大会新をマークした。智弁には、1年生左腕・西村王雅、同じく1年生で右腕の小畠一心がいる。展開次第では甲子園でヒーローになる可能性も大きい。

 優勝候補の最初に挙げた東海大相模の驚異的な攻撃力の中心にいるのは、2年生の3人。山村崇嘉、西川僚祐、1番を打つ鵜沼魁斗の3人で、すでに通算100本のホームランを打っているという。

 大阪を代表して甲子園に出場する履正社には、通算46本塁打、夏の大会でも4本塁打を放った井上広大もいる。