筆者が毎日更新している
ブログの事例

 このマンネリの話は私にとって非常に大きな気づきになった。私は器用でもなく、能力が高いわけでもない。普通の私が結果を出すためには1つのことを長く続けていくしかない。

 そのひとつにブログ更新がある。ブログは営業マン時代からのものを合わせると15年以上、毎日更新している(※「住宅営業マン日記」)。

 営業に役立つ情報を365日、休みなく発信し続けている。これが私の営業ノウハウの基礎となり、コンサルティング活動にも大きく役立っている。この習慣がなかったら、今の私はない。

 習慣によって自分自身の“アイデンティティー”が確立される。アイデンティティーとは“自己同一性”といわれ、「ある者が何者であるかについて他の者から区別する概念、信念、品質および表現をいう」と記されている。

 要するに、習慣が自分自身を作るということだ。

 とにかく私は習慣によって自分を作り上げてきた。しかし、そんな恩恵を受けている習慣に対しても、時々《ちょっと飽きたな》と感じる瞬間がある。

 そんなときにこのマンネリを打破する方法は参考になる。「今日は気分がのらない」といったときはほんの少しだけ変化を加える。イメージ的に言うと“5%程度変化させる”ということ。文章量を増やしたり、違う内容を足したりと。たった5%だとしても印象は変わり、新鮮な感じを受けるのだ。