経験が浅くても有利なことがあります…
経験が浅くても有利なことがあります…(写真はイメージです) Photo:PIXTA

営業という仕事はさまざまなノウハウや能力が必要とされる。また、総じて経験豊かな営業の方が有利なことが多い。しかし、経験が浅い営業だからこそ、ベテランよりもお客様の信頼を勝ち取ることができる利点もある。(営業サポート・コンサルティング代表取締役、営業コンサルタント 菊原智明)

営業で「結果」を出すための
さまざまな能力

 営業で「結果」を出すためには、さまざまな能力が必要になってくる。

・出会いの15秒で好印象を与えるトーク力
・相手の懐に飛び込むコミュニケーション能力
・お客様の要望を深く聞き取るヒアリング力
・言葉だけでなく仕草で読み取る洞察力
・契約を決めるためのクロージング力

 などなど。

 トップ営業マンともなれば、このあたりの能力は平均以上に備えている。常に能力に磨きをかけ、ダントツの結果を出していく。どんなに厳しい時代でも結果を出す人はいるものだ。

 あなたの会社にも能力がずば抜けた営業マンが1人や2人はいるだろう。その姿を見て「すごいのは分かるけど、なかなか真似(まね)できないんだよねぇ」とため息をついたりしないだろうか?

 ダメ営業マン時代の私はトップ営業マンたちを見て《持っているものが違うなぁ》と感じていたものだ。「別世界の生き物」を眺めているかのようだった。