「英語が全然話せない」「皆の会話に入れない」「会議で一言も発言できない」。ネイティブを前にしたとたん、「英語が通じない」と悩む日本人は多くいます。一方で、日本人と同じく、英語でハンディがあるはずの非ネイティブは、うまくやっています。なんと、ビジネス英語には、非ネイティブが身につけるべき「絶対ルール」が存在したのです。
1年2ヵ月売上ゼロで窮地に追い込まれた著者が、今ではネイティブを部下に持ち、15か国以上の外国人プロフェッショナルをマネージするきっかけとなった、非ネイティブが実践しているテクニックを『非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』にまとめました。学生時代に学んだ単語でじゅうぶん。使えるフレーズを多用し、ポジティブで丁寧な言い回しを意識すれば、英語での会話は怖くありません。「こんなとき、なんて言えば?」があっという間になくなるキーフレーズを中心に紹介します。

ロケットの発射のような躍動感を示す英単語とは?

「launch」を使ってワクワク感を出し、
新しい企画をスタートさせる

 日本人が心揺さぶられる言葉があるように、外国人にも心揺さぶられる言葉があります。そのうちの一つが「launch」です。ネイティブには「何か新しいことが始まる高揚感」を感じさせる言葉なのです。

 シンプルに「start」や「begin」を使ってもいいのですが、「launch」は船の出航やロケットの発射などの際のワクワク感や躍動感を含む言葉なので、オススメです。仕事で何か新しいことを始めるときや、新事業や新拠点などの立ち上げ時に、あえてこの「launch」を使って、ネイティブを期待感で高揚させるのです。強い勢いを感じさせる単語なので、新製品や新しい企画が成功に向かって一直線に向かうポジティブな印象を与えましょう。

 さらに言及すると、「launch」はとにかく「知的に感じる単語」の一つなので、非ネイティブとしては、この単語を使わない手はありません。

「launch」を使うことで、いかに斬新で素晴らしいものであるかがネイティブに伝わるのです。