世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著が、なんと大手書店のベストセラーとなり、話題となっている。BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した本だ。なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、某有名書店員が激賞する『哲学と宗教全史』が、発売後たちまち第6刷が決まり、「日経新聞」や「朝日新聞」にも大きく掲載された。
9月7日土曜14時、東京・八重洲ブックセンターに約80名が集結。満員御礼の出版記念講演会につづき行われた質疑応答が盛り上がった。今回からは普段、めったに明かされない出口学長と会場のみなさんとの「白熱の質疑応答」を特別にお届けしよう。

Photo: Adobe Stock

知ることが力!
どんな本も「疑いながら」読め

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。おもな著書に『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」I・II』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『人類5000年史I・II』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇』(文藝春秋)など多数。

出口 はい、次の方どうぞ。

――「経済成長が大切だ」というのはよくわかるのですが、私の読んだ本の中に、「世界で覇権を持った国は、二度と覇権をとれた歴史がない」「日本も1番にはならなかったかもしれないが、それ相応の努力をしてそれ相応の結果を出した」とありました。

出口 それを書いた人は、はっきりいえば間違っていますね。

――そうですか。

出口 一度覇権をとってまた覇権をとり直した国はたくさんあります。
 たとえば、ペルシャは、アカイメネス朝(BC550−BC330)の後、サーサーン朝(226−651)の時代に覇権をとり直しています。

 ローマも、東ローマ帝国が11世紀のマケドニア朝(867−1057)の時代に覇権をとり直しています。

 だから覇権をとり直した例はいくつもあるので、厳しくいえば世界史の中では覇権を再びとり直した国がないという言説だけでその本を書いた人のレベルがわかるのではないでしょうか。あまり参考にすべき本ではないように思います。

――それはいいお話を聞けました(笑)。

出口 はい。中国が今、覇権を求めているといわれていますね。
 阿片戦争(1840−1842)で1回ダメになった後、元に戻そうとしています。
 1回覇権をとった国がとり直したことがないというのは、覇権国家を、ポルトガル、スペイン、ネーデルラント、イングランド、アメリカなど西洋のごく短い期間に限定して、これがすべての歴史だと思い込んだレベルの低い話だと思います。

――そうですか。はい、ありがとうございます。

出口 5000年の歴史を見たら、山ほど覇権を取り戻した例があります。陽はまた昇るのです。
 大事なことは、フランシス・ベーコン(1561−1626)がいったように、Knowledge is powerですから、「知ることが力」なのです。

 それと、どんな本を読んでも常に疑うことが大事です。

 これ本当なのか? と思ったら、すぐにグーグル検索したらいいのです。ほとんどの事柄の真偽はすぐにわかりますから。

――ありがとうございました。

出口 では、時間がきたようですから、いいでしょうか。
 今日は土曜日のこんな貴重な時間に長時間おつき合いいただいてありがとうございました。

(パチパチパチ…拍手)
(おわり)