韓国・文政権の状況を見ると、対日強硬姿勢はますます強くなりそうです。
Photo:AFP=JIJI

文大統領の政策運営を見ると
さまざまな分野で混乱・停滞している

 韓国、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の政策運営を見ていると、経済・外交・内政などさまざまな分野で政策が混乱し停滞してしまったようだ。

 特に、経済政策に関しては専門家の中から、「文大統領は経済を十分に理解しているのだろうか」との疑問すら出ている。金融市場参加者の間でも、日韓関係の冷え込みなどから韓国経済の先行き懸念が増えている。

 一方、文大統領の姿勢が一貫している部分もある。北朝鮮との融和を重視し続けている点だ。8月15日の光復節の演説にて文大統領は、「2045年までに朝鮮半島の和平と統一を目指す」と表明した。北朝鮮がその主張を非難しても、全く懲りる様子も見せずに融和を呼びかけている。この姿勢は変わらない。それと同時に、文大統領は対日強硬姿勢をとり続けている。

 この2つの主張を合わせて考えると、文大統領は対日強硬路線で国内の支持を取り付け、それをてこに北朝鮮との融和を進めようという魂胆が見え隠れする。

 よく言われているのは、文氏は「国際世論を味方につけて、日本から南北統一に必要な資金を引き出そうとしている」という指摘だ。