赤ちゃんは言語のリズムに
敏感な状態で生まれてくる

 実際のコミュニケーションにおいて、言語のリズムは単語や文を正しく聞き取るための重要な手がかりになっています。そして、生まれたばかりの赤ちゃんは、このような言語のリズムに敏感です。自分が胎内で聞いたのではない外国語でさえ、リズムの違いで聞き分けられることが、「馴化-脱馴化法」という手段を使って確かめられています(*5)。

 その研究では、フランスで生まれた赤ちゃんに、まず日本語の音声を聞かせました。最初のうちは興味をもって聞いてくれ、同時におしゃぶりをくわえさせると、勢いよく吸ってくれます。しかし、繰り返し聞かされる日本語の音声に飽きてくると、おしゃぶりの吸い方はゆっくりになります。そのタイミングで、聞かせる音声を英語に変えると、赤ちゃんは変化に気づいて注意を回復し、再び勢いよくおしゃぶりを吸うようになったのです。

 このように赤ちゃんは、胎内で馴染んだ言語に限らず、言語のリズムに敏感な状態で生まれてきます。そして、いよいよ本格的に言語の学習にとりかかるのです。

(東京大学大学院教育学研究科教授 針生悦子)

*本記事は、書籍をもとにダイヤモンドオンライン編集部で一部改変したものです。

(注釈)
1* DeCasper, A. J. & Spence, M. J. 1986 Prenatal maternal speech influences newborns’ perception of speech sounds. Infant Behavior and Development, 9(2), 133-150.
2* Moon, C., Cooper, R. P., & Fifer, W. P. 1993 Two-day-olds prefer their native language. Infant Behavior and Development, 16(4), 495-500.
3* Birnholz, J. C., & Benacerraf, B. R. 1983 The development of human fetal hearing. Science,222(4623), 516-518.
4* Gerhardt, K. J., & Abrams, R. M. 1996 Fetal hearing: Characterization of the stimulus and response. Seminars in Perinatology, 20(1), 11-20.
5* Nazzi,T., Bertoncini, J., & Mehler, J. 1998 Language discrimination by newborns: Toward an understanding of the role of rhythm. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 24(3), 756-766.