睡眠薬
病院で処方される薬から依存へ陥っていく人は少なくないようです Photo:PIXTA

「睡眠不足」は健康の敵――。睡眠を重視する意識が急速に社会全体に広がり、浸透しつつある。だが、その一方、眠れないことに不安やプレッシャーを感じ、ますます不眠が悪化している人も。そんな人々が陥りやすい「処方薬依存」の実態を取材した。(フリーライター さとうあつこ)

 最近、仕事の効率を上げるカギは「7時間睡眠」などといわれていますよね。なので、帰宅の遅い夫のため、ずぼら飯を一品だけ用意したら、さっさとベッドに潜り込むようにしています。でも、これがなかなかうまくいかないのです。「ちゃんと寝ないと。明日は朝イチで会議だし」などと焦ってしまい、気がついたら朝になっていることもしばしば。このままだと仕事に支障が出るだけじゃなく、早死にするんじゃないかと怖くなってきました――。

                  ◇

病院で処方された
捕まらない薬物にハマる人々

 2017年新語・流行語大賞で、トップ10に選ばれた「睡眠負債」。ちょっとした睡眠不足が蓄積されることで、脳のパフォーマンスが低下、仕事や家事の能率が下がるという。そればかりか、認知症の原因となる物質が脳にたまったり、がん細胞の増殖を加速したりする可能性もある、と専門家は警鐘を鳴らしている。

 だが、睡眠を重視する意識が社会に広がった一方、負の影響も生じているのではないか。不眠への恐怖や焦りから、睡眠薬、抗不安薬が手放せなくなる「処方薬依存」とは――。

 美里理沙さん(仮名・30代)は、精神科で処方される睡眠薬を毎晩10錠以上、まるでラムネ菓子のようにボリボリとかみ砕いている。おかげで日中は、頭痛や手の震え、不安、焦り、倦怠感がひどく、起き上がることもできない。もちろん、家事も育児も放棄中だ。

 睡眠薬を服用するようになったきっかけは数年前のこと。育児ストレスから不眠となり、精神科に通院し始めた。最初は主治医の指示通り、1日2錠を寝る前に飲んでいた。効果は抜群で、飲むとすぐ気分が軽くなったかと思うと、何の苦もなく眠りに落ちる。朝の目覚めも爽快そのもの。子育てに追われ、孤独感にさいなまれていた理沙さんは、初めて“癒やし”に出合ったような気がした。